高級ソファーのお手入れについて

高級ソファーは、作りだけではなく質感にも価値があるので、質感を変えないようにお手入れすることが肝心です。お手入れは素材に合わせて行うことで、ソファーの座り心地を保ちながら、スッキリと綺麗にすることが出来ます。重要なのは、最初から強力な方法を闇雲に使うのではなく、負担の小さいやり方で様子を見ながらお手入れすることです。布系は水分を吸収しますから、乾拭きが原則かつ安全で、基本的なお手入れ方法の一つとなります。一方の革素材は、水分の吸収率はとても低いものの、薬品や洗剤で劣化する恐れがあるので、この点に注意することが必要です。質感を維持する為には、何もつけたり使用しないのが一番ですが、人が座って使う物なので汚れますし、衛生面を考慮すれば定期的なお手入れが求められます。

布を使った高級ソファーは乾拭きから始める

布張りのソファーは、手触りが良く使い心地に優れているので、人気のある素材の一つです。しかし、繊維には隙間が多いので、使っている間に埃が溜まったり、人から出る衣服の繊維や皮膚も蓄積します。特に、ソファーの上で食事をしたりスナック菓子を食べる場合は、食べ物の屑も繊維に入り込むので厄介です。固形物の汚れには、乾拭きと掃除機が有効なので、これらをセットで使ってお手入れすることが基本となります。乾拭きに使う道具は、柔らかいクロスを始めとして、繊維を傷めにくいブラシもあると便利です。髪の毛が付着する表面的な汚れにはクロス、繊維に入り込んだ固形物にはブラシが有効です。お手入れ道具を使って汚れを掻き出した後は、掃除機を使って隅々まで吸い取ります。この時肝心なのは、吸引力が強い掃除機ではなく、弱めの掃除機を使って優しく吸い取ることです。強力に吸い込んでしまうと、ソファーの布張りが伸びやすくなるので、優しい力で吸引することが大切です。

革の高級ソファーは水拭き可能でも注意が不可欠

ソファーに革が使われている場合は、埃が繊維に入り込む心配がないので、比較的お手入れは簡単だと考えがちです。確かに、革は埃を吸い込みませんが、皮脂や油汚れは吸着するので、全く汚れないわけではないといえます。革のお手入れも布と同じく乾拭きが基本ですが、革には水も使えるので、汚れに応じて使い分けることが出来ます。ただし、水を使う時はあくまでも必要最小限に留め、クロスは固く絞ってから使用するのが条件です。薄い汚れであれば、水拭きと軽い摩擦でも落ちますし、乾拭きと合わせて殆どの汚れに対応することが可能です。逆に油がシミになっていたり、基本的なお手入れで汚れが落ちない時は、洗剤を使用するお手入れが検討の対象になります。最も身近で安全な物は、台所にある食器洗い用の中性洗剤ですが、量によっては影響を与えるので注意が必要です。布や革に関わらず、販売元が特定の洗剤を推奨しているなら、それを選ぶのが無難で安全です。対処の緊急性が高く、直ぐに汚れを拭き取る必要がある場合は、ごく少量の中性洗剤を大量の水で薄め、固く絞った柔らかいクロスで拭くのがリスクの小さい方法です。